2013年1月23日水曜日

父の日に何故黄色い薔薇を贈るのでしょう?

黄色い薔薇は

『愛と信頼と尊敬を表す色』という意味があります。

これはアメリカのジョン・ブルース・ドット夫人の父に対する思いから誕生しました。

ドット夫人の父親の誕生月である6月の第3日曜日を
「父の日」として制定し、国民の休日となりました。

夫の墓には生前大好きだった薔薇を贈る事があったため、黄色い薔薇を贈る習慣ができたそうです。

しかし、黄色い薔薇の花言葉は 『嫉妬』『薄れゆく愛』という意味もあります。
風水的には黄色は幸運の色で『友情・あなたを恋します』という意味も。

様々な言われがあるので、あまり気にせず、花に囚われず父様が一番すきな物を贈ると良いでしょう。